バイク合宿免許と遊び

合宿免許でバイク免許を取得するなら、同時に楽しもう!・・というのも、合宿免許だと普段行かないような場所に合宿施設があるケースが多いからです。

例えば、自然が沢山ある場所。また、海が近い場所といったように、免許を取得すると同時に楽しむという部分においても充実させれます。

どうせなら、現地の観光も楽しんじゃえ!と私的には思うわけです。

そのかわり、集中するときはトコトン集中するといったようなスタイルがおすすめです。勉強で疲れた後はゆっくり温泉につかる。というようなことも出来る環境もあるので、色々こだわってみて探すのもいいかと思います。

バイク合宿免許は通学よりも早く取れる?

バイクの免許を少しでもとりたい!乗りたくなったらすぐにでも手元に免許を!という気持ちになりますよね。そして、学生である場合は免許自体は直ぐに取れる状態にあると思います。

もちろんバイクを購入する費用だけでなく免許取得の費用がちょっと・・・という場合もあるでしょうけど、費用さえ問題なければ、最短でバイク免許が取れるのが学生の特権です。

理由は単純ですが、まとまった休みが取れるからです。

合宿免許の場合最短で9日程度でバイクの免許が取得できます。というのも、通学免許のように、予約が殺到してなかなか進まないと言うことがないからです。

その為、スムーズに行けば最短で9日です。

合宿免許で用意するもの

バイクの合宿免許で用意していくものは、滞在日分の着替え、と言いたいところですが、ほとんどが近くにコインランドリーがあります。
特に今時のホテルでは、必須ですので心配ないでしょう。
これは個室の場合なのですが、ホテルということを考えると、歯磨きにしろ、シャンプーリンスにしても備えつけのものがありますから、着替えだけで十分です。コインランドリーを利用したら、着替えも2,3日分で十分ですから、普通の旅行バッグがあればそれ一つで十分でしょう。
筆記用具は持って行ったほうがいいです。
服装はバイクの運転をしやすい格好ということになりますが、特に普段着で大丈夫でしょう。
雨の時でもバイクに乗りますからカッパは必要です。バイク用でなくても自転車用でもいいでしょう。
ヘルメットは判断のわかれるところです。教習所で借りるもよし、自前のヘルメットがあれば持って行ったほうがいいかもしれません。
相部屋希望の人は、コーポなどの集合住宅に寝泊まりすることになりますので、基本的に歯磨き、シャンプーリンスは自前となります。個室と相部屋の違いはそれだけです。
近くに銀行やコンビニがなければ現金が必要になりますがそれほど大金を持っていかなくてもいいでしょう。
ただし、相部屋の場合は元々の料金は安いのですが、毎晩酒盛りになる可能性もあり、そういった面で出費がかさむかもしれません。
バイク免許 合宿 比較

バイク免許を合宿で取得する為の準備や知識について更新中。バイク合宿免許で役立つアレやコレをお伝えします。